久屋で働く社長のブログ

雇用情勢と採用ポリシー

2019.05.20

先日、ある社長と雑談していた際、「労働人口自体が戦後とほぼ変わらない数字になっている事を
意識している経営者は何人いるだろう?」と言うような事を、ふと思いました・・・
私の肌間隔では、お会いする半数の方が焦っていないと感じています。
(単に私が心配症なだけかも知れませんが)

人手不足だから諦めや引退のシナリオに入っている社長、対策を打っている社長様々ですが
、弊社は勿論後者です。
当然、例えば休み明けから力みの要らないリラックスできる労働環境の構築、
就労規則を各ライフステージに合わせて柔軟にすること等々対策は打ちつつあります。
今後の時代の流れもそうですが、弊社のとても大事な雇用ポリシーとして女性の採用に力を入れています。

丁度今朝の日経にもこんな記事があり、「段々そうなるよね」と納得

弊社も先日、スキルのある若い女性を採用出来ましたが、未来の事(結婚後、産休、子育て期間等々)を現時点でしっかり説明する事により、時代に沿った企業になる様に努力しております!

そして、重労働万歳という会社は徐々に淘汰されて行き、働きやすく、面白い環境であることが
スタンダードになる中、その時点で弊社は女性経営陣の比率も上がっている状況になっていたら
それもまた良い変化であると思います!

↓日本はこんな低いとは(同じく日経より)

「30%クラブ」が日本で開始された様ですので今のウチにビジョンも固めたいと思います!